日本3Dシャドーボックスアート協会

協会について

2001年、日本3Dシャドーボックスアート協会の前身、3Dシャドーボックスアートネットワークが現常務理事らにより結成されました。1980年代米国滞在中に3DSBAに出会った彼女達はクリエーターとして帰国後それぞれに教室を主宰し、創作活動、技術指導を続けていました。当時は現在以上に3DSBAの認知度は低く、この魅力的な工芸をより多くの方に知っていただくには、各々個別の活動を行うと同時に、クリエーターたちお互いの連携を強めていかなければと感じていました。

そして同じ思いをもつ彼女たちは協力して、3DSBAの普及、技術の向上、クリエーター間の交流の3つを目的にネットワークを結成し、以降10年間、3DSBAの振興に努めていきました。恒例となった3Dシャドーボックスアート展は全国の愛好者の方が集う作品展となり、出品作品の完成度の高さ、毎回企画される共同プロジェクトの斬新さは3DSBAを進化させています。

2011年、日本3Dシャドーボックスアート協会へ改編し、会員の皆様と協力して活動を推進しています。

創立理事7会派のルーツはどこ?


3Dシャドーボックスアート7会派のルーツ

目的


  1. シャドーボックス等の普及
  2. 技術の向上
  3. クリエーター間の交流

創立理事


(平成29年12月18日現在)

(共同代表以下アイウエオ順)