日本3Dシャドーボックスアート協会

ギャラリー

ギャラリー

2019年8月の作品

  • タイトルランド オブ クリエーター
  • 作者東 久三子
    シャドーアートABキューブKWS 主宰
  • 原画作家橋本 不二子

作品に添えられた詩:
「神様の創られた大地では
 鳥のさえずり、子供たちの叫び声、
 ミツバチのハミング、海のうなる音が併さり、
 ハーモニーを奏でています。」(C.Gallergher)
神様が創られた大自然の偉大さを感じる作品になりました。

第23回日仏現代国際美術展出品作品

2019年7月の作品

  • タイトルアイスクリーム屋さん
  • 作者竹歳 當子 / アトリエデクペ主宰
  • 原画作家ドンナ・モーゼス

5時にクローズするこのお店に、女の子が5分遅れて
買いに来ました。ガッカリして窓の中を覗いています。
が、すでに一つ余分に買っておいてくれたお友達がいます。
心優しい仲間たち、仲良しの楽しい様子が大好きな絵です。
回りを囲む可愛いお花を、私はプリントのままではなく、
配列してみました。華やかな雰囲気をご覧いただければ、
嬉しいです。

2019年6月の作品

  • タイトルPrague Symphony
  • 作者大野 麻里子
    シャドウボックスHEART3プリュス主宰

中世の面影を色濃く残す、古都プラハ。
旧市街にそびえるティーン教会に続く中央の通りは、
かつてボヘミア王達が戴冠式のパレードを行ったため
「王の道」と呼ばれています。
街を俯瞰で見下ろしている構図なので、
屋根から道までの遠近感や家並みの整合性を合わせるのに
苦心しました。

2019年5月の作品

  • タイトルLa Barca - 船
  • 作者福島 玲子 / Atelier Fiore主宰

昔、暮らしたことのあるイタリアの風景を目にすると
懐かしさで胸がいっぱいになります。
このヴェネツィアの絵の青空
白くかすむサンタマリアデッラサルーテ教会のクーポラ
陽光きらめく運河の水面
古ぼけて倒れそうなパラッツィオ(建物)
ゴンドラを停める朽ちた杭、、、etc.
作品の前に立った時
運河の奥の路地に吸い込まれるように感じられる奥行の構成
水面の光を感じられるような複雑なカット
二つが制作過程で一番頭を悩ませ、苦労したところです。
また、マットは込み入った街並みをイメージできるように
絵にホワイトをかけたものを白のキャンパス地に印刷しました。

2019年4月の作品

  • タイトルLOVE
  • 作者石崎 綾子
    シャドーアートABキューブKWS
    アトリエ・クリスマスローズ 主宰
  • 原画作家ジャッキー・トーベル

背景はベージュを基調にしたモノトーン。
その中に花だけ鮮やかな色彩を使い、
見る人の視線を惹きつける素敵な作品です。
ゴールドのエングロービング柄の楕円が
上部のクラウンと花、そして下部の二羽の鳩と花をつなぎ、
絵全体に一体感が出ています。
各パーツはディテールにこだわりましたが、
バランスを考え、羽を大きく広げて「愛」を語り合う鳩が
引き立つように作りました。

2019年3月の作品

  • タイトルSPRING
  • 作者新谷 恵子/アトリエグレース主宰

両手に溢れんばかりの薔薇の花を抱え、
身にまとう女性の姿の優美さに魅力を感じ、
制作意欲をかき立てられました。
その中にある、躍動感と女性の芯の強さを
表現できればと思い制作しました。
原画の薔薇の花の形が
イメージ化されていたので、
それぞれの花の微妙なバランスを上手く
形作ることに苦心しました。

2019年2月の作品

  • タイトルFlower Fairies
  • 作者小田有香/3D Art Circle YUCCA主宰
  • 原画作家シシリーメアリー

シシリーメアリーのFlower Fairiesを制作しました。
絵の中に本物の額縁を入れています。
春の花の妖精が、それぞれの花の衣装を着て
春を今か今かと待っているような、わくわく感を
感じて頂けたらうれしいです!

2019年1月の作品

  • タイトルTwailight in Central Park
  • 作者志賀 小百合
    atelier azur アトリエ アズュール主宰

静かな冬のセントラルパークから見た黄昏時の
New Yorkのビル群。美しい色に心を奪われました。
都会の灯りが、雪の積もったセントラルパークの水面に映り込み、
凍てつくような静けさの向こうに、人の住む音や温度を感じます。
そんな情景を想像しながら丁寧に制作いたしました。
いつかこの場所から風景を眺めてみたいと思います。